PCで日本語入力できない時の対処法⇒IMEを確認してみよう

日本語入力できない時はIMEを疑ってみよう

パソコン(Windows)を使っていると、突然日本語入力ができなくなることがある。

英字と日本語の切り替えにはキーボード左上の「半/全」キーを押して切り替えているが、それを押しても英字しか入力できない。。

そんな時は「IME」が起動しているかどうか確認してみよう。

IMEとは何か?

IMEとは言語入力の為のソフトウェアである。

このソフトウェアが起動していることで、パソコン上で日本語入力が可能となる。

はて、IME?そんなソフト入れた覚えがないが...と思われた方もいるかもしれない。

IMEはWindowsパソコンを購入したときに最初から入っている(「プレインストールされている」と言う)ので、ユーザーがその存在を意識することはほとんどないだろう。

親切心からそうなっているわけだがその反面、日本語入力ができない場合に「IMEが起動していないのでは?」という仮説に達することの妨げとなっていることも事実だ。

IMEが起動しているか確認しよう

さて、IMEの役割が分かったところで、さっそくこのソフトが起動しているかを確認してみよう。

やり方は簡単だ。画面右下の時刻が表示されている辺りに、いくつかのアイコンが並んでいる。(この部分を「タスクトレイ」や「通知領域」と呼んだりする)

IMEが起動しているとこの部分に「あ」や「A」といった表示がされているはずだが、起動していないと何も表示されない。

IMEを起動してみよう

IMEが起動していないことが確認できたら、次はIMEを起動してみよう。

キーボード左下の方にあるWindowsキーを押しながら「R」キーを押す

すると「ファイル名を指定して実行」というウインドウが開き、テキストボックスにカーソルが当たっているので、そこに「ctfmon」と入力する。

謎の呪文のようだがこれが何なのかは特に気にしなくていい。

入力できたらOKをクリックするかEnterキーを押す。

するとどうだろう、右下をみると先ほどまでいなかった「A」や「般」等の見慣れたアイコンたちが表示されているではないか。

これがIMEが起動している状態である。

後は「半/全」キーを押せば無事に日本語が表示できるようになるだろう。

因みに私のパソコンは何故か起動時に常にIMEが起動していないため、毎回謎の呪文ctfmonを入力しているが地味に面倒だ。。

それと、海外のホテルやネットカフェではそもそも日本語のフォントが入っていないことも多いので、そのようなケースでは今回の方法は通用しないので注意が必要だ。

ついでに覚えておくと便利な小技

余談だが、Windowsキー+「R」で起動した「ファイル名を指定して実行」というウインドウだが、使いこなすとなかなか便利なのでいくつか他にも使えそうな呪文(玄人らしく「コマンド」と呼ぼう)を紹介しておく。

  • excel」⇒エクセルが起動する。(因みに「word」はうまくいかない。なんで??)
  • mspaint」⇒ペイントが起動する。
  • notepad」⇒メモ帳が起動する。
  • calc」⇒計算機が起動する。
  • cmd」⇒コマンドプロンプトが起動する。
  • appwiz.cpl」⇒インストールされているプログラム一覧が表示される。

ざっとこんなところだが探せば他にもいろいろあるだろう。

もし便利なコマンドがあればコメント欄で私にも教えて頂けると幸いだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする